ブランディングとはブランドの継続的な活動

・中小企業ブランディング

ブランディングで企業イメージが1ランクアップ

企業のビジュアル、メッセージ、理念などを統一させ、イメージアップ、事業拡大、認知向上をはかります。社外へのアピールはもちろんのこと、社内への啓蒙も大切に考えます。一長一短で作るのではなく、中長期的に戦略を練り上げます。

TX-CONS

・商品ブランディング

競合との優位性を複合的に展開

商品ブランディングは、モノづくりやコトづくりをしている人の想いが大切です。商品の特性や伝えたいターゲットを想定し、競合との差別性をしっかりと共につくりあげます。長期的に築き上げることで企業の資産になりえます。

ZERO

・知的財産ブランディング

商標・意匠・特許の知財をチザイナーがアドバイス

知的財産の商標、意匠、特許に関わる制作のアドバイスを、知財をデザインするチザイナー(取得商標)が行います。ブランディングをする過程で発生する知財も、取得目的で開発する知財もデザインの要素が大きく関わってきます。

商標、意匠、特許の知的財産の事を理解し、他のモノとの明らかな優位性や差別性をクリエイティブを通じて社会に広げられるデザイナーやクリエイターなどのことを指します。制作の段階で知財をつくったり、取得済みの知財のデザインやブランディング、プロモーションなどを手がけ、クライアント様の活動をサポートします。

スリムスープパスタPastician Fosekift